ガイドブックにのってない香港
  1. 香港
  2. 香港ひとり旅
  3. 「夏の香港」と「冬の香港」を旅行してみて

「夏の香港」と「冬の香港」を旅行してみて

夏の香港と冬の香港。
全く同じ都市を訪れても、
全く異なる都市に感じられました。

街並も人も海も空も夜景も・・・。
ひとつひとつの香港を構成する要素は
何も変わっていないのに
感覚で伝わってくる香港が違う。
とても不思議でした。

もしかしたら、自分が変わったのかな?


ビクトリアハーバー

[ ビクトリアハーバー写真 ]


確かに、香港を訪れてから私は変わりました。
というよりも、自分を変えるために香港へ行ったんだっけ。

ガイドブックもろくに読まず
行き当たりばったりで旅をしたのが今は懐かしい・・・。

見るもの全てが新鮮で
自分自身を解放できたなぁ~。


それにしても、夏の香港は蒸し暑かった。
でも、その暑さが香港をよりダイナミックに、
より一層、輝ける都市にしていたのだと思います。

それに比べて冬の香港は快適でした。
汗もかかないし、
冬だからといって寒すぎもしない。
空気は澄んで、夜景もきらめきを増していました。

結局、どちらの香港も素晴らしかったのですが
私が次訪れるとしたら
夏を選ぶ事でしょう。

サウナのような香港を楽しんだ後で
また、安物のビールを飲みたいから(笑)

夏の香港は「思い出に残る旅」
冬の香港は「快適に過ごす旅」

まとめてみると、こんな感じになるかと思います。


「私は香港が好きです。」
そう言い切れる自分が、ちょっと照れくさい(笑)

虜(とりこ)になってしまったあの幻影を思い浮かべ
次に見る時はどんな表情を私に見せてくれるのか
そして、どんな風に自分が変わっていくのか

待ち遠しくて・・・
心はいつも飛行機の中にいます。

入道雲にぶつかりそうになるのをかわしながら
偏西風を渡り鳥といっしょにつかまえて
光り輝く海面に目を細め・・・

再び出会う夢を見ています。


飛行機から雲を撮影