ガイドブックにのってない香港
  1. 香港:トップ
  2. 香港旅行の掲示板

香港掲示板 − <新規の投稿休止中>

香港に関する掲示板コミュニティ。みんなで香港に関して掲示板で語り合いましょう! あなただけが知っている香港の素晴らしい所や、香港旅行の感想・思い出、 又、これから香港へ旅行される方は質問などをお気軽に掲示板へ投稿してみてください。
★みんなが互いを尊敬しあえる香港掲示板でありますように (o^v^o)♪

『 家族5人旅行2度目 』 への返信

■タイトル (必須)
■お名前 (必須)
■コメント (必須)
■pass (英数字で8文字以内)

家族5人旅行2度目

3月初旬 家族5人(40代夫婦・小学生6年生・4年生・75歳母)で、2度目の香港旅行に行くのですが、みなさんのお知恵をお借りできればと思います。

日程は3泊4日(夜8時頃香港着・帰りは午後4時頃香港発)です。

前回の旅行で主だった所は観光をしたので、今回は飛行機とホテル(油麻地)しか予約してありません。

前回フリーの日は妻と母は尖沙咀でショッピング、私と子供は海洋公園で終日遊んだのですが、今回はどうしたものかと考えています。

どうしたものか?その1  子供を飽きさせない様にしたいが、遊園地は行きたくない

どうしたものか?その2  母は高齢で足も弱っているため余り長距離を連続で歩けない、忙しい移動も難しそう

夜は良い予定がなければ夜景やナイトマーケットで楽しむつもり(男人街・女人街)

この条件で何か良い知恵をお持ちの方がいらっしゃいましたら参考にしたいので教えて下さい。よろしくお願いします。

付加 私は庶民派なんでオシャレな感じとか高級さは全然考えていません。どちらかといえば猥雑な怪しい所が性にあっているみたいです。

[18457] 工程師 (2009/02/22 Sun 20:41)


Re: 家族5人旅行2度目

今まで7,80歳の方で喜んでいただいたのは買い物では女人街、スタンレーでの安いものや中華風のお土産類、中芸百貨店での質のよい中華工芸品でした。食事ではこぎれいな店のタイレストラン、ベトナムレストランでエスニックは初めてとの事でやたら感動していただけました。イタリアンのグリッシーニも喜ばれました。中華では西貢の海鮮ですね、若い人も喜んでいました。後アフタヌーンティー、行ったのはリパルスベーのベランダや、グランドハイアットでした。

お子様には博物館を入れるのはどうでしょうか?
大体の博物館にはシュミレーションゲーム的なものがあります。
スタンレーのMurray Houseにある小さな海事博物館にはビクトリアはオーバーで船を操作したり、コンテナ船にコンテナをバランスよく載せるようなものがありました。
あとピークにはマダムタッソウー蝋人形館もあります。
乗り物をいろいろ乗るのもたのしーです、ピークに行くにしてもピークとラムで上がり、帰りは2階建てバスの2階一番前に乗れば公園でジェットコースターに乗るよりスリルがあります。
空港の近くのトンチョンから山の上の大仏までのロープーウェイも見晴らしがいいです。

ただ、乗り物はお年寄りにきついこともあるのでよくご検討ください。
乗り物酔いの原理と薬はチェックしておきましょう。

[18482] じじ (2009/02/23 Mon 16:29)


Re^2: 家族5人旅行2度目

そもそも家族旅行に香港を選んだ理由は何なんでしょうか?

[18484] 高級工程師 (2009/02/23 Mon 16:47)


Re^3: 家族5人旅行2度目

私見ですが、
その1:ピンクイルカウォッチングはいかがでしょうか。確か朝9時ぐらいからで、半日は船の上で時間が潰せると思いますよ。ネット上から予約のできるサイトもあるようですので、一度ご覧になられてはいかがでしょうか。(ただ、見れないこともあるようですが。)
その2:香港のタクシーは安いのでタクシーの利用を考えるのもいいかもしれませんね。あとはバス等の利用ができればバスは便利ですよ。香港中いろんなところへ行くバスがありますし、65歳以上の方は料金が半額になりますので、経済的にもいいので。
ご参考まで。

[18487] HK (2009/02/23 Mon 17:09)


Re^4: 家族5人旅行2度目

時期的に雨&曇りが多いかもしれませんので、
念のため折り畳み傘を忍ばせておいたほうがいいかもしれません。

島に海鮮を食べに行くって言うのはいかがでしょうか?
中環から南Y島までレインボーレストラン専用のフェリーが出ています。
また大きな生簀などがあって、お子様もちょっとした水族館気分で楽しいかな?
お母様もそんなに歩き回らないでいいのでよろしいかと思います。
繁華街で食べるより安いので是非。
油麻地からスターフェリー乗り場までタクシーで行って中環までスターフェリーで、そこから別のフェリーに乗り換えて。
お子様たちはいろいろ乗れて楽しいかなと思うし、お母様はあまり歩かなくてもいいのでいいかなと思います。

ピンクイルカは私も良いと思いますが、お母様にはきついかもしれません。
また見れなかった場合は、次回のツアー参加料が無料になるというだけで、
お金は戻ってきません。
香港リピーターもしくは在港者にはいいですが、旅行者にはちょっと難しいかな。

お天気がよければ香港動植物公園で動物見たりもオススメ。
お子様が好きかどうか分からないけど、世界に香港にしかないチャーリー・ブラウン カフェも面白いかも。

またいろいろ楽しみたいお子様たちに比べて、歩くのが困難なお母様が一緒に行動されるのであれば、パンダバスのツアーに参加するのもいいかもしれませんね。

或いは、ご主人とお子様で出かけ、工程師さんとお母様はのんびりアフタヌーンティするとか。
男人街・女人街はスリが多いのでご注意です。

女人街は昼から夜まで、男人街は夕方から深夜までと賑わう時間が異なります。

[18495] KK (2009/02/23 Mon 19:45)


Re^5: 家族5人旅行2度目

工程師さんはご主人さんです。

[18499] 高級工程師 (2009/02/23 Mon 23:33)


Re^5: 家族5人旅行2度目

みなさん色々な情報ありがとうございます。どれも一考に値する情報なんで参考にさせていただきたいと思います。夫婦だけであれば、いつも行ったところ勝負でその日の気分で行動なんですが、母と子供が一緒となると3・4の目的ぐらいは考えておくように言われていますが、やり慣れない事なので苦労してます。(笑い)

高級工程師さんの「そもそもなんで家族旅行に香港を選んだか?」ですが、私の最初の海外旅行が香港で27年前でした。

神戸から船で行って最初から尖沙咀の雑踏にいきなり放り出されたのですが、圧倒的な街のパワーに驚嘆した事が今でも忘れられません。

そんな事から田舎で安穏と暮らしている子供達を香港カオスに放り込んでみたいというのが理由1 そのわりに治安が良いのが理由2 食べ物が美味しいのが理由3 各自それぞれ自分の楽しみを見つけやすい都市が理由4 高齢の母がいるため移動手段が多いことと移動距離が少なくて済むのが理由5です

[18502] 工程師 (2009/02/24 Tue 00:20)


Re^7: 家族5人旅行2度目

工程師様、大変失礼いたしました・・・。

[18507] KK (2009/02/24 Tue 01:27)


Re^8: 家族5人旅行2度目

行って来ました香港家族旅行。
みなさま色々な情報ありがとうございました。
あいにく天気が雨模様で滞在期間中晴れ間が見えたのは30分ほどで後は、曇天か雨でした。
しょうがないので、乗り物&ショッピング&食べ歩きツアーに急遽予定を変更したのですが、ソレはソレで楽しく過ごせました。
比較的雨確率が低かった日に赤柱に行ったくらいで、後は香港島の上環から銅羅湾 九龍の尖沙咀から旺角までの範囲の行動でした。
悪天候だったので狭い範囲の行動でしたが、地下鉄、バス、ミニバスの利用方法の良い勉強になりました。
各所を縦横無尽に走り回るバスやミニバスを使うとタクシー並に何処でも行けちゃうんで驚きました。
便利ですよね香港は!母の足との相談でしたが、意外に調子が良かったみたいなので、香港交通網チャレンジツアーになりました。
(私がかなりハマっしまいました。次回はもっと交通網の勉強して行くことにします)だからタクシーは一回も利用しませんでした。
教えて貰った南Y島の海鮮料理を当初考えていたのですが、悪天候のため断念しました。次回に挑戦しようと思います。

香港での朝飯は特に目的決まっていない場合は、家族全員の大のお気に入り湾仔の龍門大酒楼で早茶です。
この掲示板を読んだら多くのファンがいるんですね龍門大酒楼うれしくなりました。
赤いぼんぼりに解放された入口、湯気が吹き上がる店先の点心の蒸籠、店内で大声でしゃべりながら食事するおっちゃん達に混じっての飲茶は何時もサイコーです。
家族で行くと必ず左手奥の大きなテーブルに通されちゃうんですが、個人的には階段横のテーブルで通りを眺めながらの飲茶が好きですね。
滞在中毎朝通ったのですが、観光客&日本人は私たちだけだったような気がしますが何でなんだろう?
過去ログを見るとチョット入りにくいような事が書かれていたので残念です。
そこで美味しいお茶と点心にありつくための私の方法一部始終を書いて見るので、みなさん一度龍門大酒楼へ行ってみて下さい。

(1) 入り口に人が大勢いることもありますが構わず入店しましょう。店に入ったらキョロキョロしましょう すると必ずフロアー係のおっちゃんと目が合いますから指で人数を知らせます。するとおっちゃんがテーブルに案内してくれます。(ここまで無言で行き着けます)これでとりあえずテーブルを確保することが出来ました。第1段階終了

(2) テーブルに案内されたら必ず何か言われますが、これはお茶の注文なのでプーアール茶なら「ポーレイ・ムコーイ」って言えばいいし他が良かったら「ソーメイ」とか言えばいいです。ちなみに私はここのプーアール茶が美味しいのでいつもポーレイOnlyです。お茶が注文できたら第2段階終了

(3)お茶まで注文できました。係の人がお茶と伝票を持ってきます。3人までならお茶のポットは1つ、それ以上だとお茶のポットは2つ来ます。2つの場合一つはお茶ポットもう一つはお湯ポットの場合が多いですが、両方お茶の場合もあります。(この辺は明確じゃなさそうです) 
私の場合まずお湯のポットで人数分の洗杯をします。平皿と大小の椀と箸で一人のセットなので大きな椀に湯を注いで小さい椀をその中に横向きに入れお湯の中でクルクル回し洗います。洗い終わったらテーブルの真ん中にステンレス製のボールがあるのでお湯を捨てるのですがこの時に箸を上を持って箸を洗うようにお湯を捨てます私は平皿は洗いません。
お湯のポットが無い少人数の場合はお茶が来たら手早くやって下さい。放っておくとお茶が出てしまうのでもったいないです。
相席になる場合などお湯を捨てるボールが無い場合があるのですが、そんな時は構わず横の使っていない食器にお湯を捨てても構いませんよ(テーブルになかったら隣のテープルから持ってきても無問題(洗杯はしなくても全然OKです)香港人の洗杯を見ても各自いろんな方法でやっているので特にルールみたいなモノは無いと思いますので自分流でかまいません。
洗杯が終わったら小さい方の茶碗にお茶を入れて一服して下さい。
龍門のお茶は本当に美味しいですよ。私はお茶が濃く出過ぎてしまったり、お茶が無くなったりした場合にお湯のポットがあればそのお湯でお茶を薄めたりお茶を煎れたりします。
ポットにお茶やお湯が無くなったらポットのフタをずらして置くとすぐにお湯を入れに行ってくれます。お茶が飲めたら第3段階終了

(4)さて次は問題になる点心です。おばあちゃんがワゴンを押している時もあるのですが(この場合は見せて貰ってから取れば良いです)
大抵はワゴンも回らなければ誰も来ない放置状態なのでどうしてよいのやらと思うでしょう。テーブルにお茶と一緒に来た伝票(大とか中とか小とか書いてあるヤツです)を持って入り口付近の蒸籠が積み上がっている所に行きましょう。
蒸籠の積み上がった付近に使い古した金属製のお盆がありますからお盆を取って蒸籠のフタ構わずどんどんをめくって欲しい点心をお盆にのせます。
蒸籠の横には金属製のボックスがあり中に話題になっているおこわがあります。おこわを取る場合はその横に茶碗がありますからしゃもじで茶碗に入れてください(発泡スチロールのお椀もありますがこれはテイクアウト用だと解釈してますので私は茶碗を使います。
おこわの横にはお粥もあります。お粥の場合はラーメンどんぶりみたいな器がありますのでそこに入れます。
さてお盆にはいくつかの点心やおこわが乗りました。ソレを近くのおじさんに見せて伝票を渡すとおじさんがハンコを伝票についてくれます。
これで全て終了です。テーブルに戻って飲茶を楽しんでください。
蒸籠付近におじさんが居ない時も結構ありますが、居ない時は誰でも店の人にお盆と伝票を見せればOKです。
私のやり方としてはまず人数によりますが、基本的に3つか4つ取って来て食べたかったらまた取りに行くの繰り返しです。点心にありつけたら第4段階終了

点心についてのあれこれは過去ログでも書かれているので激しく同意です。
ひとつ女性があまり取らない点心の鼓汁蒸鳳爪(鳥の足先の蒸し物)を一度食べてみてください。
見た目は足先なんでちょっとグロテスクですが、トロトロで本当に美味しいですよ。お茶との相性も抜群です。
龍門の点心は洗練された高級点心ではありませんが、どれを取ってもはずれのない庶民派の点心で味は保証しますよ。

(5)お腹いっぱいになりました。最後にお勘定です。手を挙げて店の人に「ムコーイ・マイタン」って言っても良いし、手に何か書く仕草をしてもお勘定が出来ますが、私は何時も伝票を階段ウラのレジの所へ持って行ってお勘定をして貰います。
おつりに何ドルかコインがあればチップとして置いてきますが、お札だけの場合はそのままです。会計が出来たら第5段階終了と共に龍門大酒楼での食事終了です。

どうです、結構簡単でしょう!みなさんも是非一度龍門大酒楼に行ってみてくださいね。

書いてから思ったんですが、飲茶をやっているお店ってほとんどがこんな感じなんで参考になればと思います。
ただ注文式のお店の場合、日本語メニューが無い場合漢字のメニューにチェックを入れて注文するので何が出てくるかお楽しみって事になります。
人にもよると思いますが、目で見て選べる方が簡単じゃないかと思います。

今回店の人に赤柱へ行くのに店の横(地下鉄駅正面交差点を渡った路地)からミニバスが出ている事を教えて貰って助かりました。
英語も日本語もほぼダメですが筆談なら何とかなります。ぶっきらぼうだけどみんないい人達です。
お礼の報告のつもりが、天候不順のためここで毎朝死ぬほど食べていたのでここの印象が特に強くこのような龍門大酒楼飲茶講座の様になってしまいました。

香港って言われて真っ先に目に浮かぶのが、この店で食べながら見る通りを歩く人や走り抜けるトラムなんです。いつまでも今のままでいてほしいと思ってます。

ほとんど会話が出来ないので何時もこんなやり方なんですが、もし間違っていることがありましたら龍門達人のみなさんご指摘下さい。
要領の得ない長文になりすみません。

[18834] 工程師 (2009/03/12 Thu 04:23)


Re^9: 家族5人旅行2度目

おかえりなさいませ!
お天気は残念でしたが、お母さまも皆さん楽しめたようで、いいご旅行でしたね。

龍門ファンのひとりとして、あのお店の様子を思い浮かべながら書き込み拝見しました。
あの湯気とか、地元のおじさんたちとか、階段裏のレジとか、懐かしい!
「再開発でなくなってしまうかも」という話も伺っていたので、健在が嬉しいです。
鼓汁蒸鳳爪、相席のおじさんがお皿に骨を積み上げていたので、きっとおいしいんだろうと食べてみたのですが、見た目はちょっと・・・ですけどおいしいんですよね。
ただあんまり上手に食べられなくて、ちょっともったいない食べ方になってしまったような記憶が・・・。
九龍側に宿泊しているとなかなか湾仔まで朝ごはんをしに行く・・・という状況にはならなくて、昨年は足を運べず残念に思っていました。
でも今回は「船とトラムに乗って朝ごはんv」をしに行こうかなと思います。
私は明日から行ってきます〜vv

[18836] まゆ (2009/03/12 Thu 08:27)


龍門大酒樓

工程師様、おかえりなさい。
工程師様の丁寧かつ親切な 『龍門大酒樓への誘い』 を読み、この酒樓の 『迷』 としては、嬉しい限りです。

近隣の再開発という名の立ち退きで、龍門大酒樓のお客さんもだいぶ減りましたが、それでもなお灣仔のランドマークとして頑張ってくれています。
ここのお茶は、本っ当っに美味しいですよ!
休日の朝、ここの茶を啜り、點心を食しながらのんびり新聞読んでると、それだけで癒されます。
名物の炭焼きチャーシューで作った叉焼飽は絶品だし、まんまる糯米飽はボリュームたっぷりだし、運よく出来たてホカホカの蓮蓉飽を食べられたなら、朝から一日幸せな気分でいられます。

けっこう日本からの旅行者も来られてますが、家族連れに限らず、ほとんどの方たちが左手奥の大きなテーブルに座っています。
あそこは旅行者専用なのかなと思ってましたが、どうやらそのようですね。

龍門大酒樓では、開店から朝9時半までは、點心の大・中・小全てが10ドル均一でサービス料10%の加算は無し、9時半から11時までは、7ドル均一でサービス料10%の加算無しになっていますから、ずいぶんとお得ですよ。
まゆ様も、ぜひ龍門大酒樓の早茶を楽しんで下さいませ。

追記:龍門大酒樓のトリビア
「香港の数ある飲食店の中で一番最初にクーラーを設置した店は、龍門大酒樓である」 ← 飲茶の席での小ネタにどうぞ

[18859] 湾仔峡道 (2009/03/12 Thu 23:22)


Re^11: 家族5人旅行2度目

まゆ様
私と入れ替わりに香港ですね、行ってらっしゃい(もう香港でしょうね)
龍門での早茶楽しんできて下さいね。
帰ったらまた色々お話をお聞かせ下さい。
楽しみにしています。

湾仔峡道さま
温かいお言葉ありがとうございました。
左奥の大テーブルは観光用だったんですね。嫁と二人の時は構わず好みの席に座っちゃうんでわかりませんでした。
ところで今回行ったら3Fだったか4Fから上に竹の足場が組んであったので、外装の補修工事か何かやる予定なんでしょかか?だとしたらまだまだ今のまま頑張ってくれそうだと思っています。
昔(27年前)まだ英国統治下だった香港の酒楼を知っている身としては、龍門大酒楼は若い頃の自分を思い出す装置の様になっているので、出来るだけ今のままの状態で存続して欲しいと切に願っています。

[18879] 工程師 (2009/03/13 Fri 22:11)


Re^12: 家族5人旅行2度目

工程師様

龍門大酒樓の足場はたぶん補修用です。
店は元気に営業しています。
敏如茶居も雙喜樓も中国大酒樓もなくなり残るはここのみ。できるだけ長く灣仔の地に居続けてほしいと私も願っています。

[18890] 湾仔峡道 (2009/03/14 Sat 23:26)

香港