ガイドブックにのってない香港
  1. 香港:トップ
  2. 香港の口コミ情報

香港の口コミ情報

あなたが、あの魅惑の都から日本へもどってきてから、次の夢見る香港旅人たちのために 口コミという名の「みちしるべ」を示して頂けたなら・・・・・きっと、 夢は永遠に、終わる事なく続いていくことでしょう!
※こちらは口コミ専用です。香港に関する質問をするには、こちらの香港旅行の掲示板で。


      【口コミ】香港の「昔ばなし」を懐かしく!


    □お名前/
    □タイトル/
    □コメント/
    □削除キー/ (半角8文字以内)

      プレビュー/



1292 / No.1) ペニンシュラ ロビーやアバディンや、いろいろ
  
□投稿者/ しえり -(2013/02/15(Fri) 23:46:51)
    25年前、初香港で、友人とペニンシュラのロビーでお茶を飲みました。
    当時は、並んでいる人どころか、席はゆーったり空いていて、
    ウエイターさんと、「湯」という感じの広東語と日本語の発音、意味の違いを話したり、
    ミラマーホテル(今はミラ)の漢字を書いてもらったりしました。
    アバディンには、ジャンボ以外にもレストラン船があったんですよ。
    アバディンの湾内観光の客引きおばさんにお願いして、南Y島まで、サンパン片道乗せてもらったり、
    なんだかのんびりしてましたねえ。
    南Y島は、欧米人??はほとんどいなくて、
    地元のおばちゃんたちが、昼間から庭先にテーブルを出して、麻雀をしていました。
    かの陸羽茶室のドアマンは、ターバンインド人で、歯がなくて、ちょっと怖かった…。

    以来、何度、香港を訪れたことか、啓徳空港の着陸が、今でも懐かしいです。
    皆様の香港昔話、拝読して、しんみりします…。
削除キー/

1015 / No.2) 山頂(ビクトリアピ−ク)にて
□投稿者/ ftedd -(2008/11/10(Mon) 11:22:40)
    イ−スタ−休日に山頂(ビクトリアピ−ク)に行って見ました。
    遊歩道が整備され延々と続いて とてもきれいです、双眼鏡を持って来たので
    景色の良い場所を探していると 木の上でバサバサ音がしています、
    鳥だろうと思い特に気にもせず双眼鏡を覗きながらタバコを出そうとした時
    私の左腕に何かが落ちてきました。
    反射的に振り払い見てみると60cmは有ろうかと思われる大きなトカゲが目の前に
    薄い茶色と云うか緑色と云うか爬虫類は苦手、暫く睨み会いとなりトカゲも
    我が身の状況を理解したのか 物凄いスピ−ドで藪の中へ入って行きました。
    さすが亜熱帯気候 こんな物が身近に居るんだと関心してしまいました。
削除キー/

1014 / No.3) Re[15]: アバディーンの裏話
□投稿者/ ftedd -(2008/11/10(Mon) 11:02:01)
    20年程前カウル−ンサイドはチャッハムウエイに住んでました、
    毎朝10時頃アパ−トの入り口付近で西瓜を売っているお爺ちゃんが来てました。
    売値は1個 HK$10 しかも 2個しか持ってこない、手でもてるのは確かに
    2個だろうが売れても$20 ¥300位かタバコも買えない。
    香港には不思議な人が沢山いた。
    ボロ雑巾の様な糸の塊を居眠りしながら解いているお婆ちゃんや貼られている
    ポスタ−を慎重に剥がす小父ちゃん、公衆トイレの前でチップをねだる小父さん
    ホンハム駅で免税タバコを売る小母さん、これはシンセンの免税品を購入し
    タバコ税の高い香港で利ざやを稼いでいる私煙と呼ばれる担ぎ屋さん、
    ハッピ−バレ−の競馬場で捨ててある外れ馬券を一枚一枚拾っている若い兄チャン
    や乗ろうとしたタクシ−に駆け寄って来てドアを開けチップを強請る男等
    むかつく事も多いが素朴な疑問が残る人達ばかりですね。

削除キー/

919 / No.4) アバディーンの裏話
□投稿者/ 旧香港 -(2007/11/27(Tue) 17:42:42)
    30年以上前です。仕事で訪港時に男4人でアバディーンへ行き、サンパンを仕立てて釣りをしました。沖に行くときに見た「ジャンボ」の裏側のきたないこと!!
    香港に限らず裏と表の差はあるものですねぇ。。。
    5〜10cm位のメバル風の魚を各自15や20匹程つりました。

    釣りが終わり、「ジャンボ」の食事も終わり、帰りの小船を待っていると、水上生活者の子供数人がが小船を待っている客に小銭をせがみに来るのです。
    我々は相手にせず船を待っているときに、白人がコイン1つを海に投げ入れたのです。
    子供たちは全員それに向かって海に飛び込みました。

    同行していた香港人がスゴイ形相で白人を睨みつけていました。
    ホテルのバーで一杯飲んでいるときに香港人は泣いていました。

    ちなみに釣った小さな魚は浜の人にあげました。あんな魚でもきっと料理の素材になるんでしょうなぁ。。。。。

    今は、アバディーンもジャンボの裏も、人の生活もきれいになりましたねぇ。。。


削除キー/

850 / No.5) Re[13]: 豚列車&豚トラック
□投稿者/ safari -(2007/08/18(Sat) 12:03:56)
    そうですね。以前はChatham Road Northのインターチェンジ付近を車で走ったりすると臭いました。動物園みたいな臭いでした。てっきり動物園があの付近にあるのではと捜したことを思い出しました。
    そこには中国から運んできた豚を貨車から降ろすデポがあったにです。
    街市のそばを歩いていると運ばれてきた豚の半身にぶつかりそうになったりしました。いまでは切り身になって運ばれているのでその様なことはおこりません。
削除キー/

849 / No.6) Re[12]: 豚列車&豚トラック
□投稿者/ 湾仔峡道 -(2007/08/18(Sat) 10:46:42)
    15年以上前に、香港中文大學へ通っていました。
    天気のいい秋には、校舎の屋上で授業をしたりしましたが、校舎が線路のすぐそばにあった為、豚列車が通ると授業は中断、臭いが収まるまで皆ハンカチで鼻を押さえて耐えていました。
    また九龍から香港島への隧道巴士で、トンネル通過時にたまたま豚トラックの後ろになった時には、雨が降っても絶対にバスの窓を閉めない香港人が、みんな一致団結して全部の窓を急いで閉めていたのが思い出されます。
    あの強烈な臭いは、今でも同窓生の間で話題になりますね。

    *(2007/08/18(Sat) 10:51:00 編集(投稿者))
削除キー/

848 / No.7) Re[11]: 豚と言えば
□投稿者/ safari -(2007/08/18(Sat) 09:27:07)
    衛生面強化の為に数年前から上水に作られた豚専用の処理施設で肉にされています。
    KCRで上水駅を過ぎLowu駅の少し手前右側にある建物です。
削除キー/

845 / No.8) 豚と言えば
□投稿者/ 八五郎 -(2007/08/16(Thu) 14:04:43)
    そう言えば、ついこの前まで豚を満載したトラックが九龍の北の方からですから
    中国からでしょうな今考えるってーと、、、
    そのトラックが通った後は、ツンンとスゴイ臭いがして閉口しましたが、どうでしょう?最近見かけなくなりましたねぇ、、、流通ルートが換わってしまったんでしょうかね、、、
削除キー/

844 / No.9) 豚列車
□投稿者/ 旧香港 -(2007/08/10(Fri) 15:12:55)
    35年ほど前かな〜、九広鉄道がTST(時計台の場所)が始発駅の頃、電化もされてなく、客車はディーゼル機関車、貨物車はSLが引っ張っていました。国境の展望台へ行く為に上水へ向かって列車に乗りトンネルに入ったところ、向こうから豚ばかりを乗せた列車とすれ違いました。クーラーも無く窓を開けて乗っていましたが、すれ違ったときのくささには恐れ入りました。今はスマートな電車ですねえ〜。
    上水の低いプラットホームには屋根や駅舎があったかな〜、覚えているのは、おばちゃん(おばあちゃんかな)がホーム上で勝手に大根もち風のものを作って売っていました。邦貨10円くらいの印象でしたよ。
削除キー/

638 / No.10) 懐かしい”レイユウムーン”
□投稿者/ UKYOKYO -(2006/10/22(Sun) 19:09:34)
    10年以上前に現地ツアー(パンダツアー)に参加しました。
    レイユウムーンでお食事ツアーです。
    ”海老の姿煮”とセットで出される”意味不明な液体の入ったボールが”???
    最初は戸惑いましたが、周りの方が手を洗っている所を見て
    「あ〜!!飲まなくって良かった!!」という記憶があります。

    それと、スターフェリーだったと思うのですが
    海上では”ドブの香り”満載で
    これが人気スポットと言われる(?)・・・魅惑の香港でした。

    ただ真夜中にホテルから見るネオンは、
    騒々しい昼の香港とは別世界を作り出し、
    来てよかったなーと思える「ひと時」でした・・(^^)

    *(2007/08/17(Fri) 03:29:13 編集(管理者))
削除キー/

594 / No.11) 香港のおばさん
□投稿者/ かんちゅん -(2006/09/23(Sat) 00:21:50)
    なにせ香港歴約10年程度なものなので、余り偉そうなことは言えないのですが…。
    印象としてはここ数年、香港に行く度、人がマイルドになっているなぁと感じます。
    初めて香港に行ったのはたしか95年くらいだったと思いますが、トイレの掃除のおばさん、町を歩いてるおばさん、
    レストランのおばさん、ホテルのメイドさん、皆すべて笑顔なく、チップが少ないと威嚇されたり(笑)、
    ものすごく怖く感じた記憶があります(まぁ自分も初香港で勝手がわからずオドオドしていたのもありますが・・・)。
    最近は、サービス業に従事している人に限らず、普通に道を歩いているおばさんもなんだかにこやかで、香港の人は変わってきたのかなぁと思います。
削除キー/

413 / No.12) Re[6]: 香港の「昔ばなし」を懐かしく!
□投稿者/ 阿美 -(2006/06/01(Thu) 00:10:22)
    20年前の香港は、とっても臭くて汚かったように思います。
    と言うのも記憶があんまり定かではないもので・・・。
    茶色の水が流れていたり、生ごみのバケツが道路に出ていたり、ハンカチで口元を覆って歩きました。
    でも、去年の秋に再訪した時思わず、ここは香港ではない!と感じました。
    臭いもない街はゴミさえ落ちておらず「う、う〜む・・・」の状態です。
    これが良いのか悪いのか。官民一体の大プロジェクトだったのは解るが、観光客は本当に我がままですよねぇ。昔の懐かしき香港を帰して!!な〜んて。
削除キー/

238 / No.13) Re[5]: 香港の「昔ばなし」を懐かしく!
□投稿者/ てけ -(2005/09/17(Sat) 12:28:40)
    はち五郎さん、そうなんですよね。
    どちらかというと私は現在よりも15〜20年前の香港に明るいのですが、
    その頃は女性がタクシーを止める時に手を挙げると腋毛が丸見え・・・
    びっくりしたのを覚えています。
    また、ジャッキー・チェンが「蛇拳」に主演していた頃に着ていたような
    シルクの中華ジャケットも、女子高生が制服の上に羽織って歩いていたり
    していました。私も即、まねして買った覚えがあります。
    初めて香港へ行った30年前は、当時の啓徳空港も平屋建てで匂いが臭かった
    です。
削除キー/

237 / No.14) Re[4]: 香港の「昔ばなし」を懐かしく!
□投稿者/ はち五郎 -(2005/09/17(Sat) 09:05:18)
    あぁ、そう言えば、当時の女性は皆、腋毛が丸出しでしたね。
    誰も、剃っている人はいなかったなぁ、、、
    何時から、変わっちゃったんだろう、、、ちょっと、不思議です。
削除キー/

227 / No.15) Re[3]: 香港の「昔ばなし」を懐かしく!
□投稿者/ はち五郎 -(2005/09/08(Thu) 10:50:35)
    在港18年になりますが、当然ですが今よりも、もっとのんびりしていたと思いますね。まず、尖東辺りでも、朝夕パジャマ姿でお買い物する人(女性が多かったカナァ)、チャイナドレスの姿で出勤する女性も見られましたよ。(女性ばっかりで済みません)、
    あぁ、でも当時よりもお化粧の何でしょうか女性がきれいになりましたねぇ。
    あぁ、また女性の話、、、すみません。
    あぁ、今日、ディズニーランドの下見に行ってきます!  押 忍
削除キー/

196 / No.16) Re[2]: 香港の「昔ばなし」を懐かしく!
□投稿者/ ymrd -(2005/07/02(Sat) 16:59:18)
    初めての香港は1969年横浜から客船キャンベラでのシドニーまでの船旅の途中、神戸、長崎、の次の寄港地が香港でした。今でも思い出だすのは、我々2等船室用のナイトクラブに1等から遊びに来ていたその当時10〜12歳ぐらいのイギリス人の女の子でした。彼女は祖父母と家庭教師との世界一周旅行の途中との事で、我々が三日間の停泊中の市内観光でビクトリアピークの山頂で彼女が車から降りるのに出くわしました、車はロールスロイスのファンタムV(イギリスナンバー)キャンベラに積んでいるとのこと、又爺さんにはサーの称号が付いていたと記憶しています。
     それ以来、香港も遊びオンリーで150回を超え私の第二のふるさととなっています。中華料理のその当時の味はシドニー、とバンクーバーで味わえると思います。
削除キー/

134 / No.17) Re[1]: 香港の「昔ばなし」を懐かしく!
□投稿者/ Matt -(2005/03/19(Sat) 10:26:42)
    20年以上前の香港は、エレクトロニクス化が進展し、時計用基板を製造するプリ
    ント配線板メーカーが台頭し始めた。
    昔話として紹介します。

    半島東部は世界最高の人口密度を誇る工業地帯で、香港の高密度の実態をみる
    ことのできる場所である。
    エレベーターも荷物用しかなく、訪問したい企業が、こんな雑居ビルの中にある
    のかと目を疑うような場所に存在するのである。

    タクシーを降りて、こんな場所が訪問する企業が存在するのかと運転手を疑い
    ながら、ビルの中に入ってみると荷物用のエレベーターで上の階に上がると確
    かにプリント配線板工場が存在するのである。

    人がやっと歩けるようなスペースでエッチングラインからめっきラインが所狭し
    に設置されているのである。

    ドリルマシーンなどを、こんな狭い場所にどうやって搬入したのかと目を疑って
    しまうような形で設置されているのである。

    下の階にも上の階にも住民が住んでいるのであるから二度目の驚きである。
    めっき液が万が一、こぼれたら、下の住民はどうなるのであろうかとついつい
    思ってしまう。
    こんな場所で、当時、米国で、軍需用に使用されていたポリイミド銅張積層板が
    時計用の基板として香港で多量に生産されていたのである。

    このような製造業は、中国に移転し、今や香港から消えてしまった感がする今日
    このごろです。懐かしい思い出です。
削除キー/

20 / No.18) 香港の「昔ばなし」を懐かしく!
□投稿者/ WEB★MASTER -(2004/11/03(Wed) 02:37:42)
    香港の「昔ばなし」を懐かしく語るようについて記載してみてください。
削除キー/




トピック内ページ移動 / << 0 >>
Pass/

- Child Tree -