ガイドブックにのってない香港
  1. 香港
  2. 香港国際空港の案内図

香港国際空港の案内・帰国ガイド

香港空港から日本へ帰国するときって、なんとなくドキドキしませんか? 日本にある空港ではないので言葉が通じず、困惑する場面もあるかもしれませんよね。そんな緊張を少しでもやわらげてもらえるように、香港国際空港を徹底的に解説していきます。

香港国際空港案内図

上にある写真は香港国際空港の案内図です。(画像をクリックすると拡大します。)大きな「Y字形」をしている建物です。とてつもなく広くて大きい空港。その香港国際空港から出国の手続きなども含め、順を追って記載していきます。

香港国際空港 香港国際空港へ向かう

スタートは香港国際空港へ向かう場面から。
旅行形態によって、香港国際空港までのアクセスは地下鉄やタクシーなど異なりますが、 私の場合はツアーへの参加ですので、バスで向かいます。
九龍の中心街にあるホテルから、時間にしておよそ30分~40分ぐらいです。

香港空港の7階 香港空港の7階に到着

ツアーのバスは香港空港の7階まで送ってくれます。
(今まで、階数を意識したことはありませんが…)

空港のロビー 空港内の広いロビー

香港空港の出国フロアのロビーには「A」「B」「C」「D」「E」「F」…と チェックインカウンターの場所を示すアルファベット案内表示があります。
利用する航空会社によって、どのチェックインカウンターへ向かえばよいのかが 異なりますので、事前に確認しておきましょう!

ロビー「Cカウンター」 キャッセイ・パシフィック航空(CX)は「Cカウンター」

私はキャッセイ・パシフィック航空(CX)でしたので「Cカウンター」へ進みました。
大きな案内表示があるので、迷うこともありません。
(ツアーのガイドさんもいるので、なお更ですが…)

キャッセイのチェックイン・カウンター キャッセイのチェックイン・カウンター

いよいよチェックインです。ここで荷物を預けます。
パスポートと航空券の提示を求められますので、手元に用意しておきましょう。
そして、搭乗ゲートの番号と、搭乗ゲートに行かなければならない時間を教えてもらいます。
私の場合は「43番ゲート」でした。

チェックインカウンター 預ける荷物がない人は、とてもスムーズ

私のように預ける荷物がない人は、チェックインがとてもスムーズです。 「NO Bag」というカウンターがあり、そこで手続きをすることができます。 人が少数しか並んでいないので、すぐに受付けてもらえるんですよ。 (毎度のことながら、なんて散歩気分の、自由気ままな旅なんだ…)
私の応対をしてくださった方は、日本語が少しできて
「マドガワ(窓側)?」「ツウロガワ(通路側)?」と片言の日本語で座席の要望を聞いてくれました。
(とても丁寧な対応でした。キャッセイ最高!)

空港内の案内看板 空港内の案内表示をちゃんと確認します

案内表示に記載されている「離港(Departures)」の方向へ進みます。
香港空港内部にはトイレ(洗手間)も適所に配置されているので、飛行機に乗る前に済ませておきましょう。

出国検査前 出国検査をする場所へ移動します

出国審査をする場所の前にもパスポートと航空券を確認されますので、手元に用意しておきます。

税関 香港空港の出国審査をする場所

いよいよ出国審査です。緊張の瞬間! 審査員から、変な質問が英語で飛んでこないかドキドキします。 (今回も何も言葉を交わすことはありませんでしたが…)

とりあえず「ハロー」という英語の発音を練習しておきます。
(私だけかもしれませんが…)

税関前の混雑 出国審査は大行列!

それにしても出国審査は大混雑!ここで20分ぐらいは並んでいたのではないでしょうか。

手荷物検査 手荷物検査も無事終了

出国審査の後は手荷物検査があります。小銭や時計などの金属類の物はセンサーのゲートをくぐる前に外しておきましょう。
(ベルトを外したことは私はありません。変態扱いされますので要注意!)

香港国際空港内部 ここからは気楽に歩いていきましょう

恐ろしい審査が全て終了しましたので、ここからは気楽に「43番ゲート」を目指して進んでいきます。
(搭乗ゲートはキャッセイパシフィック航空でも様々ありますのでご注意を。私の場合は「43番ゲート」だったという事ですよ!)

香港国際空港の全体図 やっと現れる香港空港内部の案内

ここでやっと、香港国際空港の全体像が分かる案内板が出てきます。キャッセイパシフィック航空の搭乗ゲートは遠いのでシャトルを使った方が早く進めます。

お土産売り場 香港空港内部には、たくさんのお土産売り場が

香港空港内部にはお土産売り場がたくさんあります。そのほとんどがブランド物の店です。
中には「香港ディズニーランド」のお土産売り場もあったりします。

飲食店 お茶をして時間をつぶしてもいいですね

飲食店もあるので、そこで時間をつぶしてもいいですね。
また、両替する場所も空港内に複数あるので、レートの悪い日本に帰る前に済ませましょう。

募金箱 余った小銭は寄付しました

両替をしても、香港の小銭が余ることがあります。その小銭を次回の香港旅行で使用してもいいのですが、どうせ無くしてしまうだろうと思ったので寄付をしました。

搭乗ゲートへ進む さらに搭乗ゲートへ進んでいきます

私の乗る飛行機が待っている「43番ゲート」へ進んでいきます。案内板に33~80番ゲートは「↓」と表示されているので その通りに進みます。

電光掲示板 電光掲示板で自分の乗る便を確認

香港空港内の各所に電光掲示板があり、自分の乗る飛行機の名称と出発時間・搭乗ゲート番号が掲載されています。ちゃんと確認していきます。

香港国際空港のシャトル 香港空港内部にあるシャトルに乗ります

シャトルに乗れば「43番ゲート」まで早くたどり着けます。
(シャトルに乗らなくてもゲートまで行くことができます。)

香港国際空港のシャトル2 シャトルはすぐに来ます

シャトルはすぐに来ますのでご安心を。

シャトル内部 シャトルの内部

シャトルの内部は椅子がほとんどありません。
まあ、2~3分で着いてしまいますから…

エスカレーター さらに、さらに搭乗ゲート向かいます

搭乗ゲートにたどり着くまでには、何回もエスカレータに乗ることになります。

案内看板 案内板があるので迷うことなし!

案内表示が分かりやすく表示されているので、広い香港空港内も迷うことはありません。
(はじめての香港旅行では迷いましたが…)

搭乗ゲート 搭乗ゲート付近まで来ました

搭乗ゲート付近には待合席がたくさんあるので、ゆっくりと座って時間が来るのを待ちます。

空港内の豪華チェア 飛行機に乗れるまでの間、寝て待ちます

私の場合は、この寝られる豪華な椅子で、ゆっくりしています。
(数に限りがあるので、満席のケースもあります。)

キャッセイパシフィック航空 さあ!いよいよ飛行機に乗り込みます

搭乗する時間になりました。ファーストクラスとビジネスクラスの人から乗ります。エコノミークラスはその後です。 (エコノミークラスでも、座席の番号によって2回に分けて搭乗します。)

飛行機内 キャセイの飛行機内部の写真

キャッセイパシフィック航空の飛行機内部の写真です。各座席に液晶モニターがあります。映画も見放題!

さよなら香港空港 さようなら!私の大好きな香港…

いよいよ、飛行機が動き出しました。大好きな香港ともお別れです。

また、必ず来ると約束をして…

日本に帰国するときの視点から香港国際空港を解説してきました。 私のケースを基にして解説してきましたので、あなたの乗る飛行機のときと 違うケースがあると思いますが、参考にして頂けたら幸いです!